中古医療機器の販売・買取なら株式会社ボンドジャパン

お電話によるお問合せ

0120-411-007

受付時間  9:00 - 18:00

ホーム /  コラム一覧 /  整骨院向け中古医療機器をご紹介!開業・買替の際には要チェック

整骨院向け中古医療機器をご紹介!開業・買替の際には要チェック

2021/06/28のTOP画像

整骨院の開業をしようと思った際、最も気になるのが「医療機器」にかかる費用ではないでしょうか。近年の整骨院は医療者としての技術やスキルだけではなく、設備や機器に関してもできるだけ多種多様に揃えていた方が多くの症状に対応できるため、「良質で信頼のおける整骨院」として見られる傾向があります。
それだけではなく、整骨院を開業する際には多くの注意点があります。長く経営していくためには、どのような点に注意していけばいいのでしょうか?
今回は整骨院向け中古医療機器のご紹介と共に、整骨院開業の際のポイントについてもご紹介いたします。

整骨院開業の際のポイント

整骨院の開業を成功させるためには、いくつか注意すべきポイントがあります。整骨院は施術者の技術やスキルはもちろん大事ですが、それだけでは利益を生み続けられなくなっているのが現状です。
そこで、長く経営できる整骨院を運営するにはどんな点に注意したらいいのか、以下の項目で詳しくご紹介いたします。

平成30年4月より法律が変わっています

整骨院では、「施術管理者」の届け出が必須です。施術管理者は、施術を保険適用とする「柔道整復施術療養費」に必要な資格です。これまでは国家資格である柔道整復師の資格保有者のみとされていましたが、平成30年4月より、資格取得後に「実務試験」を受けることと「2日間の施術管理者研修の受講」が義務づけられています。
届出の際には、従来の書類に加えて実務経験期間証明書の写し及び施術管理者研修修了証の写しの添付が必要となります。これを怠ると法律違反となるので、確実に手続きを行いましょう。

事業計画・資金計画をしっかり立てましょう

整骨院の開業には約1000万円前後の資金がかかるといわれています。しっかりとした事業計画・資金計画を立て、開業するにあたって何が必要なのかを厳選しておきましょう。
開業費用の全額を自己資金で補えれば言うことはありませんが、なかなか難しいのが現状です。一般的には融資を受けることになるでしょう。融資先の中でも、日本政策金融公庫は新しく開業する方が融資を受けやすい仕組みになっています。他にも地方自治体の助成金制度等がありますので、調べながら活用してみて下さい。

開業する「場所」によって利益が変わります

整骨院は開業する「場所」に大きく左右されるといわれています。整骨院や接骨院は全国に5万軒以上あり、コンビニエンスストアと同じぐらいの多さです。さらに、整骨院に近いサービスを行っているカイロプラクティック、マッサージ等の整体院は約6万軒あります。競争は非常に厳しいといっても過言ではありません。どのような場所に開業するか、またどのように他の施設との差別化を図るかが重要なポイントとなります。

コンセプト設計・ターゲット顧客層の明確化も忘れずに

施術院のコンセプト設計・ターゲット顧客層に合わせることも非常に重要です。整骨院は何よりも「定期的に来院してもらえるお客様」を獲得することで、安定した経営が可能となります。その際、ターゲットとなる顧客層はどの年代なのかを明確に設定しておくことをお勧めします。
例えば、働き盛りの若い世代向けの施術メニューなのに、高齢者が多く住んでいる地域を選んでしまうと、十分な集客ができずご自身の技術を発揮できないことになります。長く経営を続けるための準備として、念入りに調査しておきましょう。

整骨院向け医療機器にはどんなものがある?

ここまで、整骨院を開業する際に注意したいポイントについて詳しくご紹介してきました。ここからは、弊社ボンドジャパンが取り扱う「整骨院向け中古医療機器」についてご紹介いたします。
どれも魅力的な機器ですが、どれをどう導入するかは上記の「ターゲット顧客層」によって変わってきます。ご不安な点がございましたら、ぜひ弊社に一度ご相談されることもご検討下さい。

超音波治療器

人間の耳には聞こえない「超音波」を使用し、血流を改善したり、温熱や振動により血管拡張効果をもたらして急性期から慢性期まで幅広い治療機器です。近年では神経組織への作用や細胞レベルへ達するマッサージ効果があるものも販売されており、整骨院を運営されている方が多く活用しています。

電気治療器(TENS)

「経皮的電気刺激療法」のことを略して「TENS」と呼びます。痛みがある部位に対して、痛みの信号を中枢に伝える知覚神経に電極パッドを貼り、痛みの伝達をブロックして痛みを和らげる、または筋肉の緊張をほぐして痛みやコリを軽減します。一般的に「低周波治療器」と呼ばれるものは、このTENSを指します。

電気治療器(中周波)

中周波の電気治療器は、皮膚への痛みや刺激を抑える特性があり、筋刺激に向いています。筋刺激を行うことで、筋力の増強や萎縮の防止、末梢循環の改善になります。

微弱電流治療器

別名「マイクロカレント」とも呼ばれ、人の身体に流れているごく微弱な電流と同じレベルの電流で刺激を与える治療器のことを指します。皮膚に刺激をほとんど感じないため、電気の刺激が苦手な方でも使用できるのが大きなメリットです。
主に打撲や捻挫といった怪我や痛みの治療、運動後のコンディショニングケアに使われます。

マッサージベッド・施術ベッド

治療時に患者様に横になっていただくベッドは、普通のベッドとは構造が異なります。普通のベッドは柔らかく眠りやすい構造になっていますが、マッサージベッドは施術がしやすいように柔らかすぎず硬すぎない素材でできています。施術のしやすさ、患者様の快適さを考えて選んでいきましょう。

レーザー治療器

手足の血行障害、関節痛、神経痛、腱鞘炎、五十肩等、様々な症状に効果がある治療器です。具体的には、痛みや症状のある部位にレーザー(赤外線)を当て、血行を改善することで症状を緩和します。
また、レーザーは神経に直接作用するため、ストレスで緊張し続けている神経を元の落ち着いた状態に戻します。この作用は、自律神経失調症や不眠、めまいにも効果があるとされています。

整骨院の医療機器導入には「中古医療機器」がお勧めです

弊社ボンドジャパンでは、新しく整骨院を開業する新規事業者様を全力で応援します!中古医療機器は新品よりもはるかに安価でありながら、しっかりとした品質の機器購入が可能です。また、弊社は法令を遵守し、徹底した管理とメーカーによる点検を行っております。安定した中古医療機器の購入ができるよう、サポートさせていただきます。
整骨院開業の際には、ぜひ弊社ボンドジャパンまでご相談下さい。
整骨院向け中古医療機器はこちら